日本の新しい健診、特定健診

2008年4月から新しい健診がスタートする。
生活習慣病の発見と、生活指導による予防を柱としたもので、特定健診・特定保健指導とよばれる。対象は、40~74歳までの保険に加入しているすべての人。いままでの健診は、被保険者が対象であったが、新しい健診では被扶養者にも義務化されている。つまり、保険に入っている旦那だけでなく、奥さんも対象となる。
特定健診の対象者は5600万人、そのうち1400万人に生活指導が必要になると推計されている。この健診でどれだけの効果があるかは未知数だが、生活習慣病を早期に発見、予防することで、医療費の削減を目指す壮大な実験が始まる。
詳しい内容は医知場で解説しています。
>> 医知場 「特定健診」

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です