病診連携(びょうしんれんけい)

病診連携とは、病院と診療所が連携して医療を提供するしくみのことです。病院の病と、診療所の診で病診です。同じように病院どおしが連携をとるしくみを病病連携といいます。

病診連携は、患者さんの近くの診療所の医者をかかりつけ医にして健康の相談やくすりをもらい、病状が変化したり、くわしい検査が必要なときにその患者さんにあった病院を紹介してもらうしくみです。総合病院の外来に患者さんが集中してしまうと、病院本来の役割である入院患者さんへの治療が手薄になってしまうからです。

病病連携は、専門の違う病院が連携することで円滑で効率的な医療をめざしています。たとえば、脳卒中では病気が起こったときにすぐ治療を行う急性期病院のあとは、リハビリテーションを行う病院へ移ります。

こうした医療機関どおしの連携がすすむ背景には、国が医療費を抑えたいという意図があります。それぞれの医療機関がどんどん仕事をこなしていけば、効率がよくなり医療費の節約になるという考えです。国(厚生労働省)は、この方針をすすめるための料金設定を行っていますので、実際は理想や立て前とは関係なく、そうしなければ病院の経営が成り立たないというのが現状です。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です