新しい糖尿病の薬は、インクレチンを増やす

最近、本当に久しぶりに新しい作用の糖尿病の薬が発売されています。DPP-4阻害薬といわれるものですが、この薬はインクレチンを増やして血糖値を下げます。

インクレチンは、血糖値が高いときはインスリン分泌を促進して血糖を下げますが、血糖値が高くないときはインスリン分泌に影響を与えません。ですから、低血糖の副作用が少なく、安全に使えます。糖尿病の薬には、太りやすくなるものもありますが、このタイプの薬にはありません。膵臓の保護作用もあり、1日1回の服用で効果があるという優れものです。

まだ、発売されたばかりなので、1回に2週間しか投与できません。新発売の薬は、発売から1年間は、2週間まで処方できないという決まりがあるからです。

今後、このタイプの薬がいくつも発売されてきますので、糖尿病治療薬に久しぶりに登場した新薬に期待が集まっています。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です