病気のことを全部自分で知りたいですか

病気のことを患者さんにどう説明するかはいつも頭を悩ませる問題です。病気は本人の問題ですから、本人が病気のことを理解した上で納得のいく治療を受けるのが理想であると思います。ただし、これが癌、それも治癒が難しい癌となると途端に判断に迷ってしまいます。日本ではそもそも癌の告知を本人に控えたり、家族の考えで治療を決めてしまうような習慣がありました。今はかなり本人の意見を直接聞いて治療を決めていくように変わっていますが、それも何かの基準があるわけではありません。
まず、医者の方から言うと、誰に最初に説明すれば良いのか、どの程度まで説明すれば良いのかがはっきりわからないと説明に困ってしまいます。言わなくいいことを言い過ぎたり、言わなければいけないことが曖昧になってしまうと、結果的には治療に不満が残り、医者と患者の関係がぎくしゃくすることにもなります。これも最初の段階で、患者本人と家族、医者、看護師などの間で治療の方向性にずれがあれば、次第に大きな距離ができてしまいます。その距離は病気が進行するほどに補正ができなくなります。癌の告知をしなかった方に、いよいよになってから、あなたの癌は治らないんですよとは誰も言えないものです。
多くの病院が入院のときに、病状の説明についてのアンケートをとるようになっています。たとえば、つぎのようなものです。
・病状の説明について、あてはまるものに○をつけて下さい。
1.病状について包み隠さず自分に説明して欲しい。家族にも自分の病状について説明して欲しい。
2.自分だけが全てを知りたい。家族にも自分の病状について一切話して欲しくない。
3.自分ではあまり知りたくない。自分以外の自分が信用する人物(両親、配偶者など)にだけ説明して欲しい。
こういったアンケートを私の病院でも始めたいと思い、いろいろな方の意見を聞いていますが、賛成の方もいれば、裁判対策ではないかという御意見もありました。確かに医療訴訟が増えている現状では、その対策という意味があることも確かです。ただ、患者さんと家族の率直な意見を、私は治療の最初の段階でお聞きしたいと思っているのです。

写真なし

5 件のコメント

  • 健康だった時には全てを告知してもらいたいと思っていました。たとえ癌だと言われても、そんなにショックは受けないと思っていました。
    しかし体調が悪くなり、病院で検査を受けて癌を臭わせる結果を伝えられた時、「嘘でもいいから癌だと断言しないで欲しい」と心の底から思いました。
    実際体調を崩した時、健康だった頃の考えとは全く違う考えになった事に自分自身驚きました。
    たとえ余命がわずかであったとしても、本人が具合が悪い中でも事実を知りたいと言わない限り、本当の事は言わないで欲しいです。
    何れ嘘だと感付いても、断言されない限り何らかの希望を持っていられます。
    でも何かの雑誌で癌の告知についてのアンケートを見たのですが、告知して欲しい派って多いんですね。
    実際病気になってからはその気持ちはどうなんでしょう?私は変わりましたが、変わらない人が多いのでしょうか?

  • 病気に対する気持ちは様々です。告知を受けた方が良いとか正しいとかをいう気持ちはありません。患者さんの意に沿うように治療をすすめるのが基本です。しかし、本人に嘘をついてこっそり薬を使ったり、治療方針を家族が決めてしまうことには、患者本人のためにならないと考えています。

  • 前に「慢性疲労症候群」のことでお尋ねしました。それから、ずーと楽しみに拝見させてもらってます。
    あれからも、体調は悪くて・・・・・。
    最近はやっと、ちょっとは戻ったかな?!ってぐらいに落ち着いてます。私はこれがなかったら、きっと告知を受けた方がいいと思ってました。(健康な頃)
    でも、検査をしても原因はわからず、調子が悪い日々を過ごして思います。
    原因がわからず、病名もわからず、どの科に行っても同じ調子で・・・・・。そんな中で、この不調をなんとかしてくれれば、病名なんて何でもいいから・・・って思いました。だから、癌なんて事になってみないとわからないと思いますが、もし私がそんな事になったら・・・って、ちゃんと考えておかないと駄目ですよね。
    息子には、癌なら癌ってはっきり言ってよね。ぐらいの事を言っておきたいなぁ~って思ってますが、その時になれば、どうなるのかな?って不安も大きいです。病気って、怖いです。癌・・って言われるのも、原因がわからず病名もわからないのも・・・・・。

  • はっきり言って頂いたほうがいいと思います。初期癌の時、あいまいな答えだったのを思い出します。結果はオペがうまくいって、今があります。あいまいなままで悪い方向に向いていたら、きっと後悔すると思います。
    人生の幕引きは、大切です。はっきりした方が悟りが出来ると考えます。現状を正確に教えて欲しいと思っています。少数派の意見かもしれませんが・・・。 

  • 悪性の病気の告知については、患者さんそれぞれにお考えがあると思います。まず、患者さん本人がどうお考えなのかを家族が理解し、医療者が適切なステップを踏んでいくという道筋をきちんとすることが大事だと考えています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です