混合診療-国と医師会の視点

日本では、医療にかかる料金は原則的に保険から支払われるしくみになっている。これを保険診療という。保険の範囲外の医療行為は、すべて自費で行うことになる。これを自由診療という。今は、保険診療と自由診療は同時に行わないという保険のきまりがある。たとえば、入院して保険で承認されていない薬を使った場合、入院にかかる料金がすべて自費負担になる。
混合診療とは、保険の範囲内の分は保険で払い、範囲外の分は自費で払うこと、つまり保険診療と自由診療が混合されることをいう。前の例でいえば、未承認薬の代金を自費で払い、残りの入院料金は保険から支払われることになる。
混合診療をめぐる、国と医師会の言い分を整理してみよう。

・国内で承認されていない薬が使えるようになる。また、そのための治験がしやすくなる。
(現在は、新薬の治験は保険外となります。)
・新しい医療技術が使えるようになる。
・制限回数を超える医療行為が受けられるようになる。
医師会
・混合診療を認めれば、徐々に保険の範囲が縮小し、保険外の診療が拡大していく。
・保険外の医療費を払えるかどうかで、経済的な格差による医療の不公平が生じる。
・保険外とされる診療の内容によっては、貧しい人は必要な医療さえ受けられなくなる。
ボクの個人的な見解は、医師会の考えに近い。
海外で発売されている薬の承認が遅くなるから混合診療にするというのは、おかしい。それは薬の承認のプロセスの問題で、保険診療の問題ではない。制限を超える医療が受けられるといのもおかしい。必要な治療や検査なら、保険でまかなうようにすべきだ。
国が混合診療をすすめようとする正直な理由は、まずは医療費の削減だ。医療費の削減が命題である以上、保険診療の部分は次第に削られていき、自由診療なしでは現在の医療水準が維持できなくなると考える方が自然である。
もうひとつの理由は、自由診療を導入することで生まれる大きな市場だ。自由診療が拡大すれば、それをカバーする民間の保険が生まれるだろう。海外の製薬会社や医療機器のメーカーにも大きな市場が生まれることになる。
しかし、一番大事な国民の視点から見れば、混合診療はきわめて危険な一歩を踏み出すことになるだろう。金がないから医療が受けられない、年をとってそんな不安を抱えて生きていくのはつらい。
日本医師会 http://www.med.or.jp/nichikara/kongouqa/
厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/12/h1216-1.html

写真なし

7 件のコメント

  • こんにちは。混合診療ということばを知ってから、いったい何が正しくて、誰の言ってることが正解なのか、考えてきましたが、自分の中の意識もいまだに、揺れ動きさだまりません。
    本当に必要な治療や検査なら保険でまかなうようにすべきだ。当然です。でもそれまで待てない患者はどうしたらいいんでしょうか。
    経済的な格差による医療の不公平がゆるせないとしたら、自由診療自体を禁止する国でなくてはならないのではないかともおもいます。それとも、とんでもなくお金のある人だけは許されて、贅沢もせず、何かのときのためにこつこつためたお金を納得いく治療を受けるために使おうとしても、それは許されないことなんでしょうか。
    混合診療に賛成ではないけど、今必要な者には一時的に認めてもらい、それがそのまま保険収載されない方向にいかぬよう、国のおもうつぼにならぬよう、医療側と患者側の協力によって、監視し、声をあげていくべきでないかと、思ったりします。

  • 私は自由診療を否定するつもりはありません。日本で認可されていない治療薬で画期的に効果がある薬はそうはないと思いますが、やりたい治療があるなら自分のお金で好きな治療を受ければよいと思います。ただ、自由診療のために入院した料金を保険でまかなうのであれば、その治療を選択しない人から徴収している保険料を使って良いんでしょうか。保険は、保険が認める範囲の治療に限定しなければ際限がなくなってしまうと思います。私はブログでは理想論を語りましたが、混合診療は近い将来、必ず認められると思っています。そして、保険診療はアメリカのように高齢者と低所得者に限られてくるでしょう。一般の国民は収入に応じて民間会社の保険(アメリカではギャップ保険といいます)に加入するようになると思います。

  • ご返事ありがとうございます。
    保険収載されている新薬(?)の適応外投与は混合診療が認められているのですよね?
    例えば胆管癌にジェムザールを使おうとすると去年なら全額自己負担、いまなら、申請すれば薬の部分のみ、自己負担でということでしょうか。(間違ってたらすいません。)ただし、医師の裁量で保険がとおったり、偽病名でということもあるようですが。。この場合に混合診療を選択し、薬以外の部分を保険でまかなうことにも先生は違和感を感じられますか?認可されてなくても、効果のある患者にとっては、それが、新薬、古い薬に関係なく画期的と感じてしまいます。臨床試験をしてもらいにくい部署というのもあるとおもいます。

  • タップさん、コメントありがとうございます。
    抗がん剤の未承認薬については、確かに難しい問題です。私は、大学やがんセンターなどの拠点病院で治験として行われるものには、薬は自費または製薬会社などの負担とし、残りは保険診療にすれば良いと考えています。そうした混合診療はすでに行われています。私も心情的には適応外の薬を使いたいと考えることもあります。うその病名を書いてでも使いたいと思うこともあります。しかし、抗がん剤の使用については一定の枠組みを守ることが重要だと思います。

  • お返事ありがとうございます。ほんとに難しくて、、。たがが外れてしまう恐ろしさはどの立場の人間ももっていて、それゆえ現状のもどかしさをどう解決したらいいのか、、うーん、でもなんとかしたい。
    先生、ありがとうございました。

  • 本日 総合実習研究発表が無事に終わりました。私たちのグループは診療報酬と医療保険について発表しました。1ヶ月間の学びの中で今まで知らなかったことをたくさん学ぶことができました。私は現在行われている医療改革を担当し混合診療や医療保険の地方分権、診療報酬改定などを担当しました。先生のブログも資料に使わせていただきグループメンバーと考えました。私は混合診療はやはり認めるべきではないと考えます。必要なら保険診療として国民のニーズに応えるのが国の保障だと。国民皆保険が始まった目的や憲法に定められている人権や平等は国民に与えられるべきものだと思います。この国は困ったものに与えるのはペナルティのみで困っている者の首を益々絞めることばかりしか今していないのかもしれません。国保保険料が支払えないのに短期保険証や資格証明などにして首を絞め結局病院に掛かれないようにして重態になってから救急で運ばれ結局国の負担も大きくしています。困ったときに器を広げるスウェーデンやデンマークのようには、なれないことは承知していますがこの国には優しさがありません。そう感じました。ありがとうございました。

  • 微笑み子さん、私のブログが少しでもお役に立てて光栄です。あなたの微笑みでこの国に少し優しさが戻りますように。Merry Xmas.

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です