大病院ではなぜ紹介状が必要か?

大学病院などの総合病院ではなぜ紹介状が必要か?というご質問をいただきました。
200ベッド以上の大病院は、紹介状のない初診の患者さんに、上乗せ料金を請求して良いことになっています。この料金は病院によって自由に決めることができますので、たとえば4000円プラス消費税で4200円を請求する病院があるかもしれません。
大きな病院では初診料を高くすることで、「一見さん」の患者さんを減らそうとしているのです。精密な検査や複雑な治療が必要な患者さんは、紹介状を持参することで、「一見さん」と見分けをつけることができます。
さらに、診療報酬上、大病院の再診料はきわめて安く設定されていますので、いくら外来患者を診ても割に合いません。初診のハードルを高くし、再診料を低くすることで、患者にとっても、病院にとっても、大病院で外来患者を診察することが難しいしくみが作られているのです。
これは、大きな病院は入院患者に集中し、外来の患者は診療所や小さな病院が担当するという機能分担の方針を厚生労働省が打ち出しているからです。大病院は、工場のように、検査や手術をこなす方が、確かに効率的だからです。
病院を選択する権利は患者さんに存在します。しかし、その権利はお金で買わなくてはならない時代になりました。来年からは、大病院の初診料がさらに値上がりする予定です。ただ、理解して欲しいのは、患者さんの負担する料金は上がっても、病院の収入が上がるわけではありません。医療費の総額が抑えられているのですから、医療機関の収入はむしろ減っているのです。つまり、国という保険会社の支出を減らすために、患者さんの負担が増えているという現実をわかって欲しいと思います。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です