かっぱのスシテム

わが家の近くに、かっぱ寿司という回転寿しができて、連日、大にぎわいである。週末は、車が駐車場に入りきれずに、渋滞している。

先日、初めて、家族でかっぱ寿司に挑戦した。

こりゃ、すごい。

タッチパネルで寿司を注文すると、皿に乗った寿司が、新幹線に乗って登場する。ガラス板の上をするすると移動している仕組みは、リニアモーターなのだろうか。

値段も一皿100円で、まあ、味はそこそこだが、値段からしたら上出来である。

なんせ、寿司やら茶碗蒸しやらメロンやら、注文すると新幹線に乗ってやってくるのが楽しくて、テンションが上がる。

食事にきたというより、遊びにきた感じで、回転寿しエンターテインメントの世界である。

どんな寿司を食わせるかではなく、寿司をどんな風に食わせるかというところで勝負しているところがすごい。 回転したまま捨てられる寿司の無駄をなくして、人件費を節約するシステムに投資している、

私はこれを、かっぱ寿司のスシテムと勝手に名付けた。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です