どこも、ロコモ

膝が痛い「変形性膝関節症」、腰が痛い「変形性腰椎症」、骨がもろくなる「骨粗しょう症」
こうした病気は、年をとれば誰でもなりやすくなるのですが、先頃の調査で、40歳以上で約4700万人にこうした病気があるという報告がありました。
骨や関節、筋肉など体を動かす部品を運動器といい、運動器の調子が悪くなって、体を動かすのが不自由になった状態を「ロコモティブ・シンドローム」といいます。
変形性膝関節症、変形性腰椎症、骨粗しょう症は、ロコモティブ・シンドロームの3大原因ですから、ロコモティブ・シンドロームの患者さんが、予備群まで合わせて5000万人近くもいる計算になります。
ロコモティブ・シンドロームの患者さんは、将来、寝たきりなどで介護が必要になる危険性が高いため、適度な運動を続けて、体の動きが落ちないないようにすることが大事です。
>> ロコモティブ・シンドロームの解説はこちら

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です