鼻から胃カメラ、口から胃カメラ

先日、胃カメラを受けてきました。ちなみに胃カメラというのは、先端にカメラが付いていた古い時代の言葉で、正確には、胃内視鏡というのが正しいのです。

私は嘔吐反射が強くて、内視鏡が入った途端に、ゲーゲーと嗚咽を繰り返し、消化器の先生に迷惑をかけています。

前回は、鼻から胃カメラ、経鼻内視鏡をしたのですが、それでも結構つらかったので、今回は口から胃カメラ、経口内視鏡をやってもらいました。

経口と経鼻の内視鏡には、一長一短があります。

経鼻は刺激が少なく、のどに麻酔をしないですむので、検査が終わってすぐに水を飲んだり、食事ができますが、鼻に麻酔をするのに時間がかかるし、ファイバーが細いので内視鏡で治療をすることができません。

経口はのどに麻酔をかけるので、検査後に1時間ほどは水や食事はできませんが、経鼻より短時間ですむのは有り難いところです。

結果的には、私にはどちらもきつい。

しかし、嘔吐反射が強くて、内視鏡を入れただけで、オエーツとなる人には、やはり、経鼻内視鏡が楽です。

注射で眠らせて、検査をする施設も多いのですが、眠ってしまうと検査中に事故が起きた場合、発見が遅れることがあるので、当院では全員を眠らせて検査はしていません。

ただし、嘔吐反射が強い場合、それで検査ができなくなっては元も子もありませんので、注射で眠らせることもあります。

胃カメラで毎回きつい思いをする人は、事前に相談されるといいでしょう。

注射で眠る検査をした場合、完全に薬が切れるまでは病院で安静にしてもらいます。車で来院するのは危険です。仕事も余裕を持ったスケジュールにしておいた方がいいでしょう。
 

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です