悪玉コレステロールと善玉コレステロールの比

健診結果で、LDLコレステロールとHDLコレステロールの比が高いといわれたので、薬を飲んだ方がいいでしょうか、という患者さんがいらっしゃいました。

HDLコレステロールは動脈硬化を抑える善玉で、LDLコレステロールは動脈硬化を進行させる悪玉です。

LDLコレステロール値をHDLコレステロール値で割った比が大きいということは、悪玉が善玉に比べて多いということで、血液のコレステロールの中身が良くない状態です。

一般に、悪玉であるLDLコレステロールの値を目安に治療を行いますので、LDL/HDL比だけで薬を飲むかどうかを決めるわけではありません。

確かに、LDL/HDL比が1.5を切るまで薬を使うと、動脈硬化が改善され、血管が若返るというデータはありますから、治療の参考になる数値ではあります。

また、コレステロールの数値だけでは動脈硬化の程度はわかりませんので、首の血管エコー(頸動脈エコー)、脳のMRIなどで、血管の動脈硬化の程度を判定するのが大事です。

動脈硬化は、コレステロールの数字以外に、血圧や血糖値など、ほかの病気の程度でも、薬の使い方やコントロールの目標が違いますので、総合的な判断が必要になります。 

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です