スポーツ飲料を水割りで

これを、うだるような暑さというのでしょう。蒸し器に入れられたような猛暑が続いています。

血管の中の水分が汗になって蒸発してしまうと、脱水症になります。このとき、ただ純粋な水だけを補給しても、血液の中には水分が入ってきません。水分は適度な塩分がないと、血液の中にたまらないのです。

兵隊が、塩をなめながら水を飲むのは、脱水症の対策としては理にかなっています。

スポーツ飲料は塩分が入っているので、暑さで多量の汗をかいたり、腸炎などで下痢や嘔吐をしたときの、水分補給のために効果的です。

ただし、市販のスポーツ飲料は、そのまま飲むには、糖分が多く、浸透圧が高くて濃すぎます。

そこで、患者さんにおすすめしているのが、スポーツ飲料を水で半分に薄めて飲むことです。

これだと、濃さもちょうどよくなり、体への吸収も効率よく、甘過ぎないので、結構いけます。

スポーツ飲料の水割り、いかがでしょうか。
 

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です