土の中にいる細菌、破傷風(はしょうふう)

震災のがれきの処理などで、傷ができると、土のなかに潜んでいる破傷風菌が入りこんでしまう危険があります。

中高齢者のなかには、子どもの頃にワクチンを打っていない方や、ワクチンを打っていても免疫力が低下して効果の切れている方がいます。

被災地では、こうした方に、破傷風が発生しているようです。

破傷風は、ワクチンの普及で、ほとんど発生しなくなった病気ですが、発病すると死亡率の高い危険な病気です。

破傷風について、記事をまとめました。

>> 医知場 「破傷風(はしょうふう)」

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です