眠れない人へ12の方法

1.睡眠時間は人それぞれ、日中の眠気で困らなければ十分
2.刺激法を避け、眠る前には自分なりのリラックス法
3.眠たくなってから床につく、就寝時刻にこだわりすぎない
4.同じ時刻に毎日起床
5.光の利用でよい睡眠
6.規則正しい3度の食事、規則的な運動習慣
7.昼寝をするなら、午後3時前の20-30分
8.眠りが浅いときは、むしろ積極的に遅寝、早起きに
9.睡眠中の激しいイビキ、呼吸停止や足のびくつき・むずむず感は要注意
10.十分眠っても日中の眠気が強いときは専門医の診察を
11.睡眠薬代わりの寝酒は不眠のもと
12.睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安全
厚生労働省 「睡眠障害対処12の指針」より

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です