特定健診・特定保健指導

2008年4月から新しい健診がスタートしました。

生活習慣病の発見と、生活指導による予防を柱としたもので、特定健診・特定保健指導とよばれる。対象は、40~74歳までの保険に加入しているすべての人。いままでの健診は、被保険者が対象であったが、新しい健診では被扶養者にも義務化されている。つまり、保険に入っている旦那だけでなく、奥さんも対象となる。

特定健診の対象者は5600万人、そのうち1400万人に生活指導が必要になると推計されている。この健診でどれだけの効果があるかは未知数だが、生活習慣病を早期に発見、予防することで、医療費の削減を目指す壮大な実験が始まる。

特定健診が始まると、いままでの健診は特定健診に一本化される。

たとえば、会社で行われていた企業健診では、特定健診で決められた検査項目が企業健診に組み込まれることになる。市町村が40歳以上の住民に行っていた住民健診は廃止され、特定健診がその代わりになる。

特定健診の内容は、

  1. 既往歴の調査(服薬歴、喫煙習慣も含む)
  2. 自覚症状、他覚症状
  3. 身長、体重、腹囲
  4. BMI
  5. 血圧
  6. GOT、GPT、γ-GTP
  7. 中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール
  8. 血糖
  9. 尿糖、尿蛋白
  10. 医師が必要と認めたときは、心電図検査、貧血検査など

腹囲(ウエスト回り)が基準値を超えていたり、肥満がある場合は、
血糖値、中性脂肪やコレステロール値、血圧、喫煙の有無によって、
生活習慣病のリスクを判定します。

生活習慣病のリスクによって、2段階の保健指導が義務づけられます。

さらに詳しくいうと、
まず、腹囲を計測し、身長と体重からBMIを計算します

*BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

血糖値、中性脂肪やコレステロール値、血圧、喫煙の有無をチェックします。
異常値の数によって生活習慣病のリスクを判定し、
動機づけ支援 や 積極的支援 という保健指導を行い、生活習慣の改善を行います。

 

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です