単純ヘルペスによるしびれ?

1ヶ月前、左臀部に発疹、強い痛みがあり、皮膚科へ受診したところ、単純ヘルペス【帯状疱疹】と診断されました。
処方された塗り薬と飲み薬で徐々に痛みや痒みが退いてきたのですが、左踵に痺れが出始めました。
皮膚科の医師に相談したところ、一週間様子を見て、変わらないようなら病院を紹介すると。
一週間経っても踵の痺れが取れなかったので、紹介された病院へ受診。
診断結果は単純ヘルペスの影響による痺れでした。
帯状疱疹で痛みが長く続くというのは聞いたことがありますが、痺れが続くというのは聞いたことなく、不安です。
左踵はこれも影響か、乾燥してガサガサになっています。
この痺れが本当に単純ヘルペスの影響によるものか、いつまでこの状況が続くのか、どうすればよくなるのか、疑問に思っています。
宜しくお願いします。

医知場所先生の答え

ご質問、ありがとうございます。
ヘルペス(疱疹)とは、小さな水疱(みずぶくれ)が集まった皮膚の病気です。
ヘルペスには、単純疱疹と帯状疱疹があります。
単純疱疹(単純ヘルペス)の原因となる「単純ヘルペスウイルス」には1型と2型の2種類があり、1型は顔面、とくに口唇に感染を起こしやすく、2型は性器に感染するので性器ヘルペスといわれます。
帯状疱疹は「帯状疱疹ウイルス」によっておきる感染症で、単純疱疹とは別の病気です。
神経に沿って感染し、皮膚の水疱が治ったあとも、神経痛が続くことがあります。
ですから、単純ヘルペスウイルスが、帯状疱疹をおこすことはありません。
帯状疱疹であれば、皮疹が消えた後も、かなり長期にわたって痛みが残ることはよくあります。
ただし、症状が続くようであれば、皮膚科や神経内科を受診してください。
写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です