医知場トップページ
医知場あいさつ
医知場とは
医知場ご利用方法
医知場プライバシーポリシー

医知場先生

医知場先生

立元 貴

内科医・医学博士

最新記事
カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
医療と医学がわかる情報サイト医知場

■ 医療と医学もっと身近に!! 以下のカテゴリーよりお入り下さい。

医知場所先生Q&A

みなさんからの質問に医知場先生が答えます。

質問を投稿する

医学の進歩について

質問です、
幼い頃から医学に興味がありましたが、最近、授業で保健体育の教科書を読んでいたら不思議に思うことがありました。
現代は手術の方法や人体の仕組みなどがとても細かく知られていて技術が発達しているようですが、現在に至るまでに一体どのようなことをして技術を得たのでしょうか?
身体の部分名称までなら遺体を解剖したと考えられますが、生きた状態でなければ確かめられなさそうな身体のはたらきなど、細かいことまではどうやって発見したのか疑問です。
「生きたままでしか確かめられないようなこと」を発見するとなると少々痛々しいことを想像してしまいますが…何か別の方法があったのでしょうか。


→医知場先生の答えを見る
2017年03月31日
医師の薬の過量投与の副作用とその治療中に発症した疾患の因果関係について

先生、お世話になります。

口腔外科の医師が高齢の透析患者に間違えて、1日にバラシクロビル 3000mgを処方してしまい、昏睡状態となり、

緊急搬送され、治療中に、肺炎や心筋梗塞、虚血性腸炎などが1週間以内にたてつづけに発症して、

後遺症が残ったり、死亡した場合、

薬の過量投与による副作用と肺炎や心筋梗塞、虚血性腸炎などは全く無関係なのでしょうか。

治療中の病院や他のサイトではそういった雰囲気がなんとなくあり、

少し納得できなかったので質問いたしました。

 

口腔外科の医師は過量投与を認めていて、

患者は透析、心筋梗塞や脊椎梗塞、片方の肺を切除、喘息や腸のポリープ切除などの手術歴があり、

医師も把握していた場合です。

また、こういった過量投与といったケースは一般的に良くあることなのでしょうか、

また、どういった判断をされるのが一般的なのでしょうか。

こういったケースで相談したり、救済してもらえる制度などがありましたら、教えて頂けると助かります。


→医知場先生の答えを見る
2017年01月31日
骨密度減少と予防

51才女性です。
数年前にたまたま骨密度を測ると、同年代の75%程度との結果でした。
特に偏食もなく、バランスよく食事はしてると思っています。
運動は、通勤のウォーキング(往復1時間程度)、つとめて歩く程度です。
ステロイドの服用もしたことはありません。
思い当たる原因はないのです。
気になって測定すると、年々数%ずつ減っていっています。
そこで質問ですが、予防的に今からでも骨粗鬆症の薬を服用しておくと効果がありますか。
また、飲み始める方がいいでしょうか。
高齢者になったときに、骨折をしたくありません。
よろしくお願いします。


→医知場先生の答えを見る
2017年01月12日
薬の飲み方について

今、ある医院で処方された薬を飲んでいます。
飲んでいる薬は、クラリスロマイシン200mg、ガスロンN2mgです。今回これらを一緒にお湯で飲もうとした時、飲み込むのをもたついてしまい、少し口の中で溶け始めてしまいました。そのあと全て飲み込んだのですが、抗生物質ということもあり気になってお尋ねします。この薬は口の中で溶けてしまうと、胃や腸での本来のあるべき吸収がされず、効果が劣ってしまう、などの問題はあるでしょうか。他愛のない質問かもしれませんが気になってしまいました。お教えいただきますようお願いいたします。


→医知場先生の答えを見る
2016年12月20日
医療事故調査制度の該当性

医療事故調査制度で「予期せぬ死亡」は医療事故調査制度に該当しますが、この法律でいう「予期せぬ死亡」とは「死亡そのものを予期しなかった」ということに限るのでしょうか。
たとえば、「予期せぬ事が起きた」その事が原因で亡くなっても、亡くなってしまうまでに死亡の可能性が説明(予期)されていれば、「予期せぬ死亡」にならない(医療事故調査対象ではない)のでしょうか。
つまり、予期しないことが起きた時に死亡する可能性があると説明されていれば、「予期しなかったことが起きてしまった事」そのものについては、事故調査制度対象にはならないという解釈でよいのでしょうか。よろしくお願いします。


→医知場先生の答えを見る
2016年09月26日
地域医療指数・係数とは

こんにちは。
最近医療業界へ転職し、医療について勉強している身なのですが、DPC医療機関の評価の仕方として「地域医療指数」「地域医療係数」という文言が使われておりました。
ネットなどで調べても初心者の私にとって理解し難く、ぜひこちらで教えていただければと思い、ご連絡を差し上げております。
おそらく、医療業界では基礎的な内容であろう事なので大変恐縮ですが、ご回答いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。


→医知場先生の答えを見る
2016年07月08日
BNP849の値について

初めまして。
73歳の母ですが、6年前に僧房弁置換術をしました。
今まで年に1,2回水が溜まったりし、1週間程度の入院もしていました。
今年になり、5月初めに心不全で1度、5月末に風邪をこじらせ肺炎で1週間入院と続いています。
5月末の退院時 BNPは130位(普段でも200~300です)でしたが、
昨日の検診で849あり、驚いています。
血液検査でその他に大きくオーバーしたものはありません。
心エコー、レントゲン、CT等も撮ったそうですが、不整脈があるとのことで、
特に緊急入院でもなく帰宅しましたが、数日前から立ち上がったり、下を向いたりしていると
なるそうで、元気がありません。
先生からは、運動をする様にと言われたそうです。
以前からジムに通ってウォーキングマシーンで30分は歩いています。
素人とからして不思議なのは、心臓が悪くて、ドキドキするのに運動しても大丈夫かと
いうところです。できるだけ、静かにしていた方がいいのではと思うのですが、いかがなものでしょうか。
入院などしなくても 数値は下がるものですか?
もう一度病院に行くべきですか?
運動はすべきですか?悪化することはないですか?
入院が続いてるので、心配しています。
アドバイスよろしくお願いします。


→医知場先生の答えを見る
2016年07月07日
心不全について

初めまして。

81歳の母のことで質問なのですが、先日、多少の息苦しさを訴えて、病院に行ったところ、

肺に水が溜まっていて、入院となりました。

心不全を示す、BNPも585と高い値でした。

医師の説明では、肥大型心筋症(閉塞性はなし)と狭心症、発作性の不整脈があるとのことでした。

また、心不全の状態だともいわれました。

ただ、5日ほどの入院治療で、症状は改善し、BNPは130ほどまで下がり、

(3年ほど前の200より良い数字)不整脈も治まっているとのことで、退院となりました。

今では、薬の内服と塩分控えめの生活改善で、元気にしているのですが、

先日ネットで、心不全の予後が良くないという情報に出会い、ショックを受けました。

5年生存率が50%ということですが、これは心不全と言われた人にはすべてあてはまることなのでしょうか?

原因となる病気によっても状況は変わってくることはないのでしょうか?

それなりに元気な母をみていると、このような怖ろしい統計は受け入れられないのですが。

よろしくお願いします。


→医知場先生の答えを見る
2016年05月11日
コレステロールが驚きの結果

この度血液検査の結果で、総コレステロールが233、
LDLコレステロールが164、non-HDL182と驚きの結果が出てしまいました。
食事、運動等で改善するのでしょうか。
または薬は必要ですか、私は長い間、お肉や甘い物は、あまり好きではなく野菜、魚、納豆中心の食生活でした。でも、このような結果に残念としか言いようがありません。
ご意見と治療法を教えて頂ければ、とても嬉しいです。


→医知場先生の答えを見る
2016年01月26日
BNP数値が高い父のその後と自分

昨年末に先生にご質問させていただいた者です。その際はお忙しい中ご回答下さりありがとうございました。

今年に入り循環器内科の先生に診てもらいましたが、

腎臓の機能も低下しており検査治療をすると透析が必要になってくる恐れがあるため

投薬で様子をみましょうというお話でした。

高血圧で薬は40年ほど飲んでいますが飲んでいても150~170くらいありました。

その状態で今まできてしまったのがいけなかったというニュアンスのお話でした。

八割方、治療の時期は過ぎてしまったと言われ、

いつ何があってもいいように覚悟はしておいてくださいとも言われました。

 

今更ですが、どのようにしてきたらよかったのでしょうか?

自分も今、血圧を下げる薬を飲んでいます。

月に一度血圧を測って薬をもらってくるだけです。血圧は110~120くらいで安定しています。

このままでは父と同じようになっていくのではと不安があります。

今後、どのようなことに注意していったらよいか教えていただけたらと思います。


→医知場先生の答えを見る
2016年01月21日