主治医意見書とは、どんなもの

介護保険によるサービスを受けるためには、まず、市町村に申請を行い、どの程度のサービスが必要かの認定を受けます。

市町村は、介護の必要度(要介護度)を調査し、主治医からの意見を参考にして、利用者の要介護度を判定します。

このとき、かかりつけの主治医が書く書類が、主治医意見書です。

主治医意見書には、

1.診断名

2.病気の経過や治療内容

3.心身の状態:日常生活の動作、認知症の程度をランク付け

・障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)

ランクJ 何らかの障害を有するが、日常生活はほぼ自立しており独力で外出する
ランクA 屋内での生活はおおむね自立しているが、介助なしには外出しない
ランクB 屋内での生活は何らかの介助を要し、日中もベッド上での生活が主体であるが、座位を保つ
ランクC 1日中ベッド上で過ごし、排泄、食事、着替えにおいて介助を要する

・認知症高齢者の日常生活自立度

ランクI 何らかの認知症を有するが、日常生活は家庭内および社会的にほぼ自立している
ランクII 日常生活に支障を来すような症状・行動や意思疎通の困難さが多少見られても、誰かが注意していれば自立できる
ランクIII 日常生活に支障を来すような症状・行動や意思疎通の困難さが見られ、介護を必要とする
ランクIV 日常生活に支障を来すような症状・行動や意思疎通の困難さが頻繁に見られ、常に介護を必要とする
ランクM 著しい精神症状や周辺症状あるいは重篤な身体疾患が見られ、専門医療を必要とする

4.身体の状態

・身長
・体重
・利き腕
・麻痺、筋力低下、関節の状態など

5.生活機能

・移動に介助が必要か
・自分で食べることができるか
・栄養状態は良好か

6.介護サービスに関する意見

・どんなサービスが必要か
・サービスを受けるときに注意する点

こうした内容を、書類に記載しなくてはなりません。

突然、主治医意見書の書類だけが、送られてくることが多いのですが、

介護保険を申請するときは、前もって、主治医に話をしておかないと、

身体の状態や、認知症の程度などは、カルテを見返してもわからないときもあります。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です