HBs抗原とHCV抗体

慢性肝炎の原因になる代表的なウイルスが、B型肝炎ウイルス(HBV)とC型肝炎ウイルスです。

慢性肝炎は、症状があまりでない時期もあり、健診などで検査をしてわかることも多い病気です。

ウイルスに感染しているかどうかを、最初にチェックする検査をスクリーニングといいます。

 

B型肝炎ウイルスは、HBs抗原

C型肝炎ウイルスは、HCV抗体

を測定します。

この検査だけで、ウイルス肝炎の感染がはっきりするわけではなく、

あくまでも、おおまかな最初に行う検査と考えてください。

 

HBs抗原が陽性

B型肝炎ウイルスに感染している可能性が高い。

ただし、B型肝炎ウイルスの活動性を評価するには、

HBe抗原やHBe抗体、HBV-DNA量などを測定する必要があります。

 

HBs抗原が持続的に陽性になる場合、HBVキャリアといいます。

肝機能値が正常なキャリアは、無症候性キャリアといわれます。

多くは、10歳代後半から20歳代で肝炎を発症した後、自然に沈静化し、ウイルスの活動が低下し、その後は特別な治療は必要になりません。

しかし、肝炎が持続する場合は、肝硬変に進行したり、肝細胞癌を合併する危険性があるので、慎重な経過観察と治療が必要になります。

 

HCV抗体が陽性

C型肝炎ウイルスに、

現在感染しているか、

過去に感染したことあり、現在は治癒しているか

のいずれかを示しています。

 

両者の区別には、

HCV-RNAを測定することが必要です。

血液中のウイルス遺伝子を、PCRという方法で増幅して測定する感度の高い検査です。

この検査により、血液中にC型肝炎ウイルスが存在することが確認されると、

現在、C型感染にかかっている、という診断になります。

 

参考

慢性肝炎・肝硬変の診療ガイド 2011 日本肝臓学会編

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です