くも膜下出血

くも膜下出血とは

脳をおおう、くも膜のすぐ下にあるくも膜下腔に、急に出血がおきることで、脳への血液の流れが急激に低下して、脳に障害をおこします。

原因の8割は、脳動脈瘤(血管のこぶ)の破裂です。それ以外にも、先天的な脳動静脈奇形、もやもや病などが原因となり、外傷でおきることもあります。

発生頻度は、1万人あたり1-2人で、死亡率が高く、半分近くが死亡します。

高血圧のコントロールなどにより、他の脳血管障害が減少しているのに、くも膜下出血は減少していません。

症状

突然、今までに経験したことのない激しい頭痛で始まります。嘔吐、けいれん、意識障害を伴うことがあります。

今までに何も症状のなかった人が、突然、激しい頭痛をおこし、意識がおかしい場合は、まず、くも膜下出血を疑い、すぐに脳外科のある施設で診察を受けて下さい。

診断と経過

くも膜下出血は、生まれつき脳動脈瘤ができやすい素因にくわえて、喫煙、高血圧、飲酒などの生活習慣で起こりやすくなります。

脳動脈瘤は、排便やストレスなどの緊張による血圧の変動で、破裂しやすくなります。

診断には、脳のCTスキャンが簡便で威力を発揮しますが、CTだけでわかりにくい場合もあります。

くも膜下出血は、発症後も、動脈瘤の再破裂による出血、脳実質の障害、脳脊髄液の通過障害などを起こすことがあります。

急性期をのりきった後も、痴呆や尿失禁、歩行障害をきたす水頭症、意識障害、記憶障害、人格の変化、麻痺や失語などの後遺症を残すことがあります。

くも膜下出血を予防するために

くも膜下出血を予防するために、まずは、脳ドックなどで、脳のMRA(脳血管撮影)をとりましょう。生まれつきの異常がある場合もありますので、30歳代でも一度はしておきたい検査です。

年齢とともに、動脈硬化がすすむと、動脈瘤は破裂しやすくなります。喫煙、飲酒、高血圧など、生活習慣の管理はつねに重要です。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です