ニコチン依存症のスクリーニングテスト

禁煙

次の質問のうち、「はい」が5つ以上だとニコチン依存症の可能性が高く、禁煙治療が必要と考えられます。

  1. 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
  2. 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
  3. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
  4. 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
  5. 問4 でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
  6. 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
  7. タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
  8. タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
  9. 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
  10. タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

<参考>
禁煙治療のための標準手順書 第6版. 日本循環器学会, 日本肺癌学会, 日本癌学 , 日本呼吸器学会 2014.[参考文献]川上憲人: TDS スコア. 治療, 88(10): 2491-2497, 2006.

禁煙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です