死に化粧は看護師に

エンゼルケア

亡くなった患者さんの体を拭いてきれいにし、チューブを抜いたり、傷口を保護して、化粧を施す。こうした死後の処置のことを、エンゼルケアといいます。死に化粧のことを、エンゼルメイクともいいます。

長い間、病気と闘ってきた患者さんは、痩せがすすんだり、体がむくんだり、元気だった頃の様子とはずいぶん姿形が変わってしまいます。

亡くなった後、できるだけ姿をきれいに整えて、ご自宅にお返しするために行う、エンゼルケアは看護師が行っていることが多いのです。

医療者として治療をしていく段階で、患者さんが亡くなるのは、避けられないとわかっていても、そのときが訪れるのは辛いものですし、敗北感や喪失感に襲われます。看護師も、心身が疲れているはずですが、プロとして黙々と仕事をこなす姿に頭が下がります。

エンゼルケアは、亡くなった方を少しでも穏やかな姿に戻してあげることで、ご家族の心の痛みを和らげる、心のケアとしての側面もあります。

私には、薄化粧をして少し顔色が良くなった患者さんの寝顔に、ただ頭を下げることしかできません。

安らかにお眠りください。

エンゼルケア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です