頸動脈エコーでわかる血管の健康状態

動脈硬化とは

血管の壁が厚く、硬く変化して、血液の通り道が細くなり、血液が流れにくくなる病気です。

 

動脈硬化が進むと、脳や心臓の血管がつまりやすくなります

脳卒中や心筋梗塞など、動脈硬化で血管がつまる病気で、日本人の約3割の方が亡くなっています。

 

動脈硬化の診断に頸動脈エコーが有効です

エコー検査(超音波検査)によって、からだの外から、血管の中の状態をみることができます。首の血管(頸動脈)は、脳や心臓の血管をうつす鏡です。頸動脈の動脈硬化がすすんでいると、脳卒中や心筋梗塞をおこす危険が高くなります。

 

動脈硬化の目印は頸動脈の壁の厚さ(IMT)です

動脈硬化は、血管の壁が厚くなることからはじまります。IMTを計測することで、動脈硬化を早期に診断することが可能です。頸動脈エコー検査で、あなたの血管年齢がわかります。エコー検査は痛みもなく、からだに害はない検査で、短時間でおわります。

参考文献

「頸動脈をみる。動脈硬化度をはかる。」 立元貴監修 島津製作所 2003

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です