スギとトマト、口腔アレルギー症候群

かゆみ

口腔アレルギー症候群は、生の果物や野菜を食べた後に、口の中がかゆくなったり、唇や口の周りが腫れたりする病気で、アレルギーが原因になって起こります。

この病気は、果物や野菜のタンパク質がアレルギーを起こすことが原因ですが、このタンパクは、花粉のタンパクと構造が似ています。花粉症の人は、花粉のタンパクと構造が似ている果物や野菜を食べると交差反応を起こし、口腔アレルギーを起こすことがわかってきました。

花粉と交差反応性が報告されている野菜・果物

花粉果物・野菜
シラカンバ、ハンノキりんご、桃、いちご、さくらんぼ、梅、大豆、西洋ナシ、キウイ、マンゴー、ビワ
スギトマト
ヨモギセロリ、ニンジン、マンゴー、スパイス
イネ科メロン、スイカ、キウイ、オレンジ、ピーナッツ
ブタクサメロン、スイカ、キュウリ、バナナ

口腔アレルギーがあると、食物を食べた直後から1時間以内に、唇や舌、口の中やのどの奥にかゆみを感じます。

症状は軽く、ほとんどがいつの間にか治ってしまうのですが、まれに、腹痛や下痢、呼吸困難、血圧低下などのショック状態になることが報告されています。

花粉症すべての方に、こうしたアレルギーが起きるわけではありません。

ただし、花粉症の方で、生の果物や野菜を食べた後に、呼吸症状や消化器症状が現れた場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

かゆみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です