鉄欠乏性貧血

ヘモグロビン

鉄欠乏性貧血とは、赤血球の原料になる鉄の不足によっておきる貧血です。貧血のなかで最も頻度の高いものです。

診断

赤血球は原料不足のため、十分に成長できなくなり、小型で色が薄くなります。赤血球の大きさをあらわす平均赤血球容積(MCV)が低下し、小球性貧血といわれます。

鉄欠乏状態が続くと、まず、体の中に貯蔵されている貯蔵鉄(フェリチン)が減少し、その後、血液中の鉄が減少し、ヘモグロビンが減少して貧血になります。

小球性貧血で血清鉄、フェリチンが減少すると、鉄欠乏性貧血と診断されます。

1日あたりの鉄の必要量は、おおよそ10mgです。成長期の若年者、閉経前の女性や妊娠中の女性は、より多くの鉄が必要になります。古くなった赤血球は壊されて、原料の鉄は再利用されますが、一部は汗・尿・便などから排泄されます。

消化管からの出血や、月経による出血、食事の鉄分不足など原因で、鉄欠乏がおきます。とくに、閉経前の成人女性は、月経により定期的に鉄を喪失するので、高頻度で鉄欠乏状態となり、10−20%の方が鉄欠乏性貧血と推定されます。

治療

  • まず、出血の原因を調べるため、消化管や婦人科疾患の検査を行います。
  • 鉄剤の内服を行います。通常、2か月ほどで貧血は正常化します。
  • 鉄分の多い食品を食べるようにしましょう。ただし、食事だけでは限界がありますので、医師の指示に従って治療を受けてください。

鉄分の多い食品の鉄含有量

通常食品   乾燥食品      
豚肉(レバー) 7.8mg/60g いわし(丸干) 1.8mg/2匹 乾燥ひじき 5.5mg/大さじ1杯
牛(レバー) 2.4mg/60g ホッキ貝 2.2.mg/50g 切り干し大根 1.9mg/20g
あさり水煮 11.3mg/30g 小松菜 2.8mg/100g 焼き海苔 0.8mg/1枚
カツオ 1.5mg/80g ホウレンソウ 6.0mg/束 高野豆腐 0.4mg/6g
本マグロ 0.9mg/80g ゆで大豆 2mg/100g ごま 1.8mg/大さじ1杯
牛ヒレ肉 2mg/80g 春菊 1.7mg/100g    
鶏モモ 0.3mg/80g パセリ 0.8mg/10g    
たまご 0.9mg/個 ブロッコリー 0.7mg/70g    

トピックス:最近、ピロリ菌の感染が、鉄欠乏性貧血の原因になることがわかってきました。

<参考>
特集「貧血:基礎知識から治療の最前線まで」 日本内科学会雑誌 第7号 2015.

貧血・鉄欠乏性貧血

2010.03.10
ヘモグロビン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です