腫瘍マーカー

腫瘍マーカーとは、がん細胞またはがんに対する体の反応によって作られ、血液や尿、組織などで増加している物質のことです。がんの診断や治療の目印になるので腫瘍マーカー、がんマーカーとよばれます。腫瘍マーカーは、がんの種類や病気の広がり、治療がどれくらい効くかの予測、再発の発見などに使われます。

しかしながら、腫瘍マーカーの測定だけでは、がんを診断するのに十分ではありません。
なぜなら、

  1. 腫瘍マーカーは、良性の腫瘍でも上昇することがあります。
  2. 腫瘍マーカーは、すべてのがん患者で上昇するものではありません。また、特に病気の初期の段階から上昇するとは限りません。
  3. 腫瘍マーカーは、特定のがんだけでなく、いくつかのがんの種類で上昇することがあります。

表は、各臓器のがんについて代表的な腫瘍マーカーを一覧にしたものです。ただし、がんの診断のためにこのすべてを網羅的に検査するものではありません。必要に応じて、このうちのいくつかを適当な期間をおいて検査し、数値の変動を見ながら判断していきます。

がんの種類 腫瘍マーカー
食道がん SCC, CEA, CYFRA
胃がん CEA, CA19-9, CA125, STN, CA72-4,NCC-ST-439
膵がん、胆道がん CA19-9, CA50, Span-1, DUPAN-2, CEA, SLX, NCC-ST-439
肝がん AFP, PIVKA-II
大腸がん CEA, CA19-9, NCC-ST-439
肺がん  
腺がん CEA, SLX, CA19-9
扁平上皮がん CEA, CYFRA, SCC
小細胞がん NSE, ProGRP
乳がん CA15-3, CEA, NCC-ST-439, ErbB-2
前立腺がん PSA, γ-Sm, PAP
卵巣がん CA125, CA54/61, CA72-4, STN, GAT
精巣がん AFP, β-HCG
甲状腺がん サイログロブリン
骨髄腫 免疫グロブリン

参考文献

臨床腫瘍学第3版 日本臨床腫瘍学会編、癌と化学療法社 2003
臨床腫瘍学第2版 日本臨床腫瘍研究会編、癌と化学療法社 1999
国立がんセンター http://www.ncc.go.jp/jp/index.html
米国立がん研究所 http://www.cancer.gov/cancer_information/

 

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です