男性更年期障害

イライラする男

男性更年期障害は、男性ホルモン(テストステロン)が低下することによって、中高年の男性にさまざまな症状がおきる病気です。

主な症状

  • 抑うつ、いらだち、落胆、不安などの精神・心理症状、
  • 関節痛、筋力低下、発汗、睡眠障害などの身体症状
  • 性欲低下、勃起障害、射精障害などの性機能症状

AMSスコア

 
症状 なし 軽い 中等度 重い 非常に重い
 
点数= 1 2 3 4 5
1 総合的に調子が思わしくない(健康状態、本人自身の感じ方)
 
 
 
 
 
2 関節や筋肉の痛み(腰痛、関節痛、手足の痛み、背中の痛み)
 
 
 
 
 
3 ひどい発汗(思いがけず突然発汗がでる、緊張や運動とは関係なくほてる)
 
 
 
 
 
4 睡眠の悩み(寝つきが悪い、ぐっすり眠れない、寝起きが早く疲れがとれない、浅い睡眠、眠れない)
 
 
 
 
 
5 よく眠くなる、しばしば疲れを感じる    
 
 
 
6 いらいらする(当たり散らす、些細なことにすぐに腹を立てる、不機嫌になる)
 
 
 
 
 
7 神経質になった(緊張しやすい、精神的に落ち着かない、じっとしていられない)
 
 
 
 
 
8 不安感(パニック状態になる)
 
 
 
 
 
9 からだの疲労や行動力の減退(全般的な行動力の低下、活動の減少、余暇活動に興味がない、達成感がない、自分をせかせないと何もしない)
 
 
 
 
 
10 筋力の低下
 
 
 
 
 
11 憂うつな気分(落ち込み、悲しみ、涙もろい、意欲がわかない、気分のむら、無用感)
 
 
 
 
 
12 「絶頂期は過ぎた」と感じる
 
 
 
 
 
13 力尽きた、どん底にいると感じる
 
 
 
 
 
14 ひげの伸びが遅くなった
 
 
 
 
 
15 性的能力の衰え
 
 
 
 
 
16 早朝勃起(朝立ち)の回数の減少
 
 
 
 
 
17 性欲の低下(セックスが楽しくない、性交の欲求が起きない)
 
 
 
 
 
日本泌尿器科学会/日本Men’s Health医学会「加齢男性性腺機能低下症候群 (LOH症候群) 診療の手引き」
  • スコアの評価方法:合計得点
    1. 17−26点が更年期障害なし、
    2. 27−36点が軽度、
    3. 37−49点が中等度、
    4. 50点以上が重度の男性更年期障害と考えられます。

治療

男性ホルモンを補充したり、症状に対して個別に治療を行います。くわしくは、泌尿器科の診察をお受けください。

イライラする男

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です