BNPに影響する因子

BNP(またはNT-proBNP)は、採血で検査できる心不全のマーカーとして、診断や治療に使われています。

BNPとNT-proBNPは、同じタンパク質が体内で分解されてできたもので、基本的には同じものです。

BNP(またはNT-proBNP)は、心臓の筋肉が引っ張られた状態が続くと増加してきます。心臓の機能が低下して心不全になると、心臓が十分に収縮できずに心筋に負担がかかった状態になるので、血中のBNPが増加します。

しかし、BNPの数値に影響を与える因子があり、本来の心機能をうまく反映できない場合があります。

下の表にまとめましたが、こうした状態の患者さんでは、見かけ上、BNPが実力より高くなったり、低くなったりすることがありますので、十分に注意して結果を解釈する必要があります。

BNPの数値に影響する因子

高くなる低くなる
年齢肥満
急性冠症候群一過性肺水腫
腎不全心外膜炎・心タンポナーデ
右心不全遺伝的多型
心房細動末期心筋症
肺高血圧 
肺塞栓 
貧血・高心拍出状態 
敗血症 
僧帽弁閉鎖不全症 

(Role of Biomarkers for the Prevention, Assessment, and Management of Heart Failure. Circulation 2017;135)

心不全とBNP|総集編

2019.01.19

心不全|原因から治療まで

2018.12.21

BNPと腎機能

2017.03.01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です