リンパ節のはれる病気

のどや、脇の下、内股などの「ぐりぐり」が腫れることがある。

これは、リンパ節が腫れていることが多い。

リンパ節は、普段は触れないが、

細菌やウイルスが体の中に侵入してくると、リンパ節が反応して大きくなる。

リンパ節は関門のように、外敵が体中に広がるのを防ぐために、戦っている。

これが、感染症で、リンパ節が腫れる仕組みである。

リンパ節は、体中に分布しているが、首や脇、股などのリンパ節は、表面に近いので、触れやすい。

 

虫歯や、のどの炎症、手足の傷から感染を起こして、

そこに近いリンパ節が腫れるのが、リンパ節の腫れる原因では、最も多い。

細菌の感染があるときは、抗生剤が必要になる。

炎症止めの薬を使うこともある。

これは、診察と、採血検査をすれば、見当がつく。

 

しかし、まれに、悪性のリンパ節の腫れがある。

とくに、高齢者では悪性のリンパ節の腫れが多くなる。

悪性のリンパ節腫脹で、一番に多いのは癌の転移で、

次に多いのが悪性リンパ腫だ。

悪性リンパ腫は、リンパ節そのものが、がんになる病気である。

 

リンパ節の腫れは、

一般的に、良性のものは柔らかくて、押さえると痛いことが多い。ま

わりとの癒着がないので、可動性があるのも特徴である。

悪性のものは硬く、痛みのないものが多い。

また、癒着によって可動性がないことが多い。

 

ただし、触っただけで良性か悪性かがわかるものではなく、

エコー検査でリンパ節の大きさや中身、周囲への広がりなどをチェックしたり、

CT検査などで、全身の検査が必要になることもある。

診断がつきにくいときは、リンパ節を切り取って、組織検査を行う。

 

ぐりぐりが、全部、リンパ節かというと、そうでもなく、

皮膚の炎症や脂肪の塊でも、ぐりぐりと触れることがあるので、自己判断は難しい。

ぐりぐりが大きくなってきたり、硬く触れるときは、

悪性のリンパ節の腫れかも知れないので、医師の診察を受けてください。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です