大人の百日咳(ひゃくにちぜき)が流行っている

大人の百日咳が増えている。百日咳は、もともと子供に多い病気で、小児科以外の医者は滅多にみない。ワクチンの接種率も高いので、百日咳の患者数は減少していた。
しかし、ここ数年、成人の百日咳患者の報告が増えている。ワクチンの効果は5-10年程度といわれており、子供の頃にワクチンを受けていても感染する可能性がある。
大人が感染した場合、典型的な症状がでないことが多い。培養検査や抗体検査の感度も低いため、確定診断が難しい。
大人で咳が長引いている場合は、百日咳の可能性を考えておく必要があるだろう。
百日咳について、下記にまとめていますので参考にしてください。
>> 百日咳
<症状>
最初は、ふつうのかぜ症状で始まり、発熱はあまりないが、次第に咳の回数が増えて、咳の程度もひどくなる。
1-2週のうちに、百日咳に特徴的なけいれん性の咳を繰り返すようになる。この時期の咳は、顔を真っ赤にしてコンコンと立て続けに激しく咳き込み、最後にヒューと音を立てて息を吸い込む。
咳は夜間に多く、咳の発作がないときは熱もなく健康な状態とあまり変わらない。咳のために、顔がむくむことがある。しばしば、嘔吐を伴う。
<原因>
百日咳菌
<潜伏期間>
7-10日間
<感染経路>
患者の咳やくしゃみによる飛沫感、接触感染
初期に感染力が強い
<検査>
咽頭、痰の培養検査
血液の抗体検査
<治療>
マクロライド系の抗菌薬
<参考>
1.感染症情報センター http://idsc.nih.go.jp/index-j.html
2.感染症の診断・治療ガイドライン2004 日本医師会雑誌

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です