診察室血圧と家庭血圧

診察室で計った血圧が、日常生活の血圧と同じとはかぎりません。診察室で医者をみると緊張して血圧があがるのを「白衣高血圧」といいます。これは、市販の血圧計で計った血圧は正常でも、診察室では血圧が高い状態です。市販の自動血圧計で自分で計った血圧を、家庭血圧といいますから、白衣高血圧とは診察室血圧が高く、家庭血圧が低い状態です。
最近、注目されているのは「仮面高血圧」は、診察室での血圧は低くても、家庭血圧が高い状態です。仮面高血圧は、未治療者の10-15%、治療中の高血圧患者の20-25%といわれています。仮面高血圧は、持続的な高血圧の方と同じくらい心筋梗塞や狭心症をおこしやすい危険な高血圧です。
*高血圧は表のように、診察室血圧も家庭血圧も正常血圧、診察室血圧だけが高い白衣高血圧、家庭血圧だけが高い仮面高血圧、診察室でも家庭血圧も高いいわゆる高血圧に分類されます。

画像

医知場 「高血圧」

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です