お薬手帳を持ってきてください

病院やクリニックで、薬を処方されると、薬局で「お薬手帳」に薬の名前が書き込まれます。

たとえば、薬を飲んでも症状が治らないから、別のクリニックで診察を受けることがあると思います。

そのときには、必ず、お薬手帳を持ってきてください。

 

前の処方の内容がわからないと、どんな薬をのんで症状がとれないのか、

他にどんな薬を飲んでいるのか、情報がよくわかりません。

以前の処方内容がわかると、この抗生剤が効かなかったんだから、別のタイプの薬が良かろうとか、

この薬を使うと副作用が出やすくなるとか、

医者が薬を処方する上で、重要な情報が、お薬手帳に記載されています。

 

たとえ、風邪のような簡単そうな病気でも、他院で飲んでいる薬の内容は、すごく大事な情報ですから、

診察を受けるとき、お薬手帳をもっている方は、必ず、持参してください。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です