橋本病・慢性甲状腺炎

橋本病は、慢性甲状腺炎ともいわれ、甲状腺の機能が低下する原因として最も多い病気です。

20-50歳の女性に多く(男女比、1:10-20)、

軽症例を含めると、成人女性の30人に1人

非常に頻度の高い疾患です。

 

橋本病は、自分の免疫が自分の臓器を攻撃する、自己免疫疾患です。

通常、免疫は異物に対して起きる反応で、自分の臓器には働きません。

このシステムが壊れて、甲状腺に炎症を起こすことが、橋本病の原因と考えられています。

橋本病と診断された方のうち、甲状腺機能が低下して治療が必要になるのは、約4割です。

 

症状

甲状腺機能が低下すると、その程度によって、次のような症状が起こります。

・寒がり、倦怠感、動作緩慢、眠気

・体重増加、まぶたの腫れ

・無気力、記憶力低下、集中力低下、うつ状態、しびれ

・食欲低下、便秘

・皮膚乾燥、脱毛、筋力低下

・月経不順、月経過多

・かすれ声、めまい、難聴

・甲状腺は腫れることが多いが、腫大のない例もある

 

検査

・FT4低値、TSH高値

・甲状腺自己抗体陽性(抗甲状腺マイクロゾーム抗体、抗サイログロブリン抗体など)

・ときに、肝機能値、コレステロール、CPKの上昇

・超音波検査で、甲状腺の表面が凹凸、内部エコーは低下・不均一

 

治療

甲状腺ホルモンが低値のときは、

甲状腺ホルモン(レボチロキシン)を内服で補充する

 

慢性甲状腺炎(橋本病)の診断ガイドライン2010

a)臨床所見

1.びまん性甲状腺腫大

但しバセドウ病など他の原因が認められないもの

b)検査所見

1. 抗甲状腺マイクロゾーム(またはTPO)抗体陽性

2.抗サイログロブリン抗体陽性

3.細胞診でリンパ球浸潤を認める

 

・慢性甲状腺炎(橋本病)

a)およびb)の1つ以上を有するもの

 

【付記】

1.他の原因が認められない原発性甲状腺機能低下症は慢性甲状腺炎(橋本病)の疑いとする。

2.甲状腺機能異常も甲状腺腫大も認めないが抗マイクロゾーム抗体およびまたは抗サイログロブリン抗体陽性の場合は慢性甲状腺炎(橋本病)の疑いとする。

3.自己抗体陽性の甲状腺腫瘍は慢性甲状腺炎(橋本病)の疑いと腫瘍の合併と考える。

4.甲状腺超音波検査で内部エコー低下や不均一を認めるものは慢性甲状腺炎(橋本病)の可能性が強い。

 

参考

日本甲状腺学会ホームページ http://www.japanthyroid.jp

日本医師会雑誌 特集「甲状腺疾患」 vol.141(11)  2013

甲状腺疾患診療マニュアル 田上哲也ら編 診断と治療社 2009

 

 

 

 

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です