胆のう腺筋腫症

健診などの腹部エコー検査で、偶然見つかることが多い胆のうの異常に、

「胆のう腺筋腫症」というものがあります。

 

これは、胆のうの壁の一部が厚くなっている状態です。

腺筋腫症は無症状ですが、胆石がある場合には、胆石発作による腹痛などの症状を認めることがあります。

 

腹部エコーで、腺筋腫症に典型的な像を示す場合は、経過観察のみで十分です。

 

エコーの所見が典型的でなく、胆のう癌との鑑別が必要なときは、

超音波内視鏡、MRCP、造影CTなどの精密検査を行います。

 

腺筋腫瘍は、悪性化することはなく、特別な治療の必要はありません。

 

しかし、

胆石があり、胆石発作をおこすときや、

胆のう癌の合併が疑われるときは、

胆のうを切除することもあります。

 

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です