検査値の読み方

あなたの検査値にはこんな意味があります

全身状態 総タンパク 血液中のタンパク質は、アルブミンとグロブリンに大別されます。タンパク成分の増減は、栄養状態を表しています。
アルブミン
肝臓 AST (GOT) 肝臓の細胞がこわれると、細胞内から放出されます。肝臓の機能が悪くなると、上がります。とくに、γ-GTPはアルコールによる肝障害で高くなります。
ALT (GPT)
ALP
γ-GTP
LDH
総ビリルビン 黄疸のもとになります。
膵臓 アミラーゼ 膵臓に炎症をおこすと、高くなります。
心臓・筋肉 CPK 心臓や筋肉の損傷で高くなります。
*激しい運動をした後は高くなることがあります。
脂質 総コレステロール 血液中の脂肪分で、動脈硬化の危険の程度を知ることができます。HDLコレステロールは、動脈硬化を防ぐ「善玉」のコレステロールで、LDLコレステロールは動脈硬化の元になる「悪玉」です。総コレステロールは、善玉と悪玉を加えたコレステロール全体の量です。
HDLコレステロール
LDLコレステロール
中性脂肪
腎臓 尿素窒素 腎臓の機能が低下されると、上がります。
クレアチニン
尿酸 痛風や尿路結石のもとになります。
電解質 Na ミネラル(電解質)のバランスを表します。
K
Cl
Ca
糖尿病 血糖 糖尿病の有無を判定します。
HbA1c 糖尿病のコントロール状態がわかります。
炎症 CRP 体のなかの炎症の程度がわかります。
末梢血 白血球数 細菌やウイルスが体内に侵入したときに変動します。
赤血球数 貧血の有無や程度を知ることができます。
血色素
ヘマトクリット
血小板数 血小板は出血を止める働きをしています。

kennsafig1.gif

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です