急性アルコール中毒

悪酔い

アルコールは、胃や小腸から吸収され、血液のなかに入り、全身を循環します。脳に到達したアルコールは、神経を麻痺させ、いわゆる「酔っ払った」状態になります。

短時間に大量のアルコールを飲むと、意識がもうろうとなり、嘔吐物で窒息したり、呼吸が浅くなり、最悪の場合、死亡することがあります。これを、急性アルコール中毒といいます。

アルコールにも致死量があり、それを超えると死亡します。だから、アルコール中毒と呼ばれるのです。急性アルコール中毒で救急車で病院に担ぎ込まれる人の半数が、20歳代です。今でも、年間に数名の若い命が、急性アルコール中毒で失われます。

急性アルコール中毒によって死亡する原因は、血中アルコール濃度が高くなって呼吸・循環が抑制される場合と、吐物で窒息する場合があります。

飲酒による人権侵害のことを、アルコール・ハラスメント(アルハラ)といいます。上司が部下に飲酒を強要したり、場を盛り上げるためといって無理にイッキ飲みをさせることは、アルハラになります。飲めない人に酒をすすめたり、酒を言い訳にした迷惑行為も、アルハラです。

飲酒を強要して急性アルコール中毒で相手を死亡させると、傷害致死罪。飲酒をあおって急性アルコール中毒にさせると、現場助勢罪。泥酔者を放置したときは保護責任者遺棄罪、放置して死亡させたときは遺棄等致死傷が適用され、刑事罰に処せられます。

アルコール血中濃度と酔いの状態

  血中濃度(%) 酒量 酔いの状態 脳への影響
爽快期 0.02-0.04

ビール中びん(〜1本)

日本酒(〜1合)

ウイスキーシングル(〜2杯)

さわやかな気分になる
皮膚が赤くなる
陽気になる
判断力が少しにぶる
大脳皮質の活動が低下する

 

 

 

ほろ酔い期 0.05-0.10

ビール中びん(1〜2本)

日本酒(1〜2合)

ウイスキーシングル(3杯)

ほろ酔い気分になる
手の動きが活発になる
抑制がとれる(理性が失われる)
体温が上がる
脈が速くなる
 
酩酊初期 0.11-0.15

ビール中びん(3本)

日本酒(3合)

ウイスキーダブル(3杯)

気が大きくなる
大声でがなりたてる
怒りっぽくなる
立てばふらつく
 
酩酊期 0.16-0.30

ビール中びん(4〜6本)

日本酒(4〜6合)

ウイスキーダブル(5杯)

千鳥足になる
何度も同じことをしゃべる
呼吸が速くなる
吐き気。嘔吐がおこる
小脳まで麻痺が広がる
泥酔期 0.31-0.40

ビール中びん(7〜10本)

日本酒(7合〜1升)

ウイスキーボトル(1本)

まともに立てない
意識がはっきりしない
言語がむちゃくちゃになる
海馬(記憶中枢)が麻痺する
昏睡期 0.41-0.50

ビール中びん(10本超)

日本酒(1升超)

ウイスキーボトル(1本超)

ゆり動かして起きない
大小便はたれ流しになる
呼吸はゆっくりと深い
死亡
延髄(呼吸中枢)が麻痺すると、死にいたる

 

 

アルコール健康医学協会HPより一部改変

急性アルコール中毒への対処法

  • 意識がない場合(反応がない)は救急車を要請する
  • 嘔吐物がつまらないように、横向きに寝かせて、回復体位をとらせる
  • 一人にせず、誰かがつきそう
  • 嘔吐が起きたときは、口の中から吐物をかきだして、のどにつまらせないようにする
  • 体温が下がらないように、毛布や上着などをかける
回復体位
回復体位

<参考>
厚生労働省 e-ヘルスネット(2020/5/29閲覧)
アルコール健康医学協会HP(2020/5/29閲覧)

アルコール依存

アルコール依存症|その飲み方、病気じゃないの?

2020年5月28日
悪酔い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です