心臓しんとう

エラー

胸を強く打って、心臓に衝撃を受けるのが心臓しんとう(心臓震盪)。

頭を強く打って気絶するのが、脳しんとう(脳震盪)。

心臓しんとうは、野球やサッカーなどのボールが、胸の心臓の真上あたりにぶつかったときに起こります。子供の柔らかい胸では、その衝撃で、心臓が不整脈を起こし、突然死の原因にもなります。胸にプロテクターを着けることで、予防できます。

心臓しんとうで不整脈が起きたら、速やかに電気ショック(AED)が必要になることがあります。

頭をぶつけると脳しんとうが起きるように、胸をぶつけると心臓しんとうが起きることを覚えておきましょう。

エラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です