長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)

テスト用紙

長谷川式スケールは、認知症を判定するための問診票です。

患者さんに質問をして答えてもらい、点数をつけて判定します。認知症は、さらにいくつかの検査を組み合わせて診断を行います。

 質問回答点数
お歳はいくつですか?2年までの誤差は正解。
正解:1点。
 
今日は何年の何月、何日、何曜日ですか?年、月、日、曜日、
正解でそれぞれ1点ずつ、4点満点。
 
私たちがいまいるところはどこですか?自発的にわかれば2点。
5秒おいて家ですか?病院ですか?施設ですか?の中から正しい選択をすれば1点。
 
これからいう3つの言葉を言ってみてください。あとでまた聞きますからよく覚えておいてください。1: a) 桜, b) 猫, c) 電車 または
2: a) 梅, b) 犬, c) 自動車
正解1個につき、1点。
3点満点。
 
100-7 は?それからまた7を引くと?93:1点。
86:1点。2点満点。
最初の答えが不正解のときは、打ち切る。
 
私がこれからいう数字を逆から言ってください。
6-8-2、3-5-2-9を逆に言ってもらう。

2-8-6:1点。
9-2-5-3:1点。2点満点
3桁に失敗したら、打ち切る。

 
先ほど覚えてもらった言葉をもう一度言ってみてください。自発的に回答があれば、各2点。
ヒントを与えて正解であれば1点ずつ。
ヒント:a) 植物, b) 動物, c) 乗り物
 
これから5つの品物を見せます。それを隠しますのでなにがあったか言ってください。時計、鍵、タバコ、ペン、硬貨など相互に無関係なもの
正解1個につき、1点。
 
知っている野菜の名前をできるだけ多く言ってください。0~5=0点、6=1点、7=2点、8=3点、9=4点、10=5点。途中でつまり、10秒待ってもでない場合にはそこで打ち切る。 

20点以下は、認知症の可能性が高い。(30点満点)

<引用>
加藤伸司、長谷川和夫ほか:改定長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)の作成、老年精神医学雑誌、2:1339-47(1991)

認知症|診断から治療まで

2018.10.10

認知症と誤嚥性肺炎

2017.12.01
テスト用紙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です