DNARオーダー

DNAR とは、Do Not Attempt Resuscitateの略で、

訳すと、「蘇生する試みをしない」という意味です。

末期状態で、心停止・呼吸停止が想定されるときに、蘇生処置をしないという取り決めのこと。

蘇生処置には、心臓マッサージ、気管内挿管、人工呼吸器、昇圧剤投与などが含まれます。

 

患者さん、患者さんのご家族と、病気の現状や今後の見通し、どんな治療していくかを、あらかじめ話し合うことを、アドバンス・ケア・プランニングといいます。

死を迎えることが避けられない病状のとき、

患者さん自身がどうしたいか、

患者さんの意志が伝えられないときは、誰にまかせるのか

といったことを、あらかじめ文書にしておくことを、

アドバンス・ディレクティブ(事前指示)といい、日本でも広がってきましたが、まだ法定化されたものはありません。

 

この話し合いのなかで、末期状態のときの蘇生処置を取り決め、

医師がDNARオーダーをすると、蘇生処置をしない静かな看取りを選択したことになります。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です