眠気をはかる-エプワース眠気尺度(ESS)

睡眠時無呼吸症候群で最も多い症状が、日中に強い眠気(日中過眠)を訴えることです。このテストは、あなたの日中の眠気の程度を判断します。
<質問>
あなたの最近の生活のなかで次のような状況になると、眠くてうとうとしたり、眠ってしまうことがありますか。
0=眠ってしまうことはない
1=ときに眠ってしまう
2=しばしば眠ってしまう
3=だいたいいつも眠ってしまう
1.座って読書中
2.テレビを見ているとき
3.人の大勢いる場所(会議、劇場など)で座っているとき
4.他の人の運転する車に、休憩なしで1時間以上乗っているとき
5.午後に横になって休息をとっているとき
6.座って人と話をしているとき
7.飲酒をせずに昼食後、静かに座っているとき
8.自分で車を運転中に、渋滞で信号で数分間とまっているとき
合計点数が11点以上のかたは、日中の眠気が強く、睡眠時無呼吸症候群の検査を受けた方がよいでしょう。
5点以上10点以下は、睡眠時無呼吸症候群が疑われます。
5点未満は、睡眠時無呼吸症候群の可能性は低いです。
>> 医知場 「睡眠時無呼吸症候群」

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です