起座呼吸(きざこきゅう)

起座呼吸

その日、患者さんは、いつもと全く違う様子で、外来に訪れた。両肩を揺らすような激しい呼吸で、ぜいぜいと音がする。横になると息が苦しいので、眠れないと言う。

これは、起座呼吸という症状だ。

起座呼吸は、横になると呼吸が苦しくなり、体を起こすと楽になる。心臓の機能が落ちた、心不全でよくみられるサインである。心不全の原因は、いろいろだが、まず、心筋梗塞を第一に疑う。

起座呼吸では、横になると、心臓の高さが体と同じ高さになるので、心臓にもどってくる血液の量が増え、その結果、肺に行く血液の量が増えるが、心臓のポンプ機能が落ちているので、肺に血液がたまった状態になり、息が苦しくなる。

この患者さんも、心筋梗塞による心不全だった。

起座呼吸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です