上の血圧、下の血圧

血圧測定

高血圧は、上の血圧と下の血圧だけでなく、平均血圧と脈圧を考えることが大事です。

医学用語では、血圧の数値のうち、上の血圧を収縮期血圧、下の血圧を拡張期血圧といいますが、ここではわかりやすいように、上、下と呼ぶことにします。

  • 平均血圧=下の血圧+(上の血圧-下の血圧)÷3
  • 脈圧=上の血圧-下の血圧

平均血圧は、細い血管の動脈硬化で上がります。太い血管にまで動脈硬化が進行すると、脈圧が上がってきます。

50-60歳代から、上の血圧は高いのに下の血圧が下がっていく人がいますが、これは脈圧が増え、太い血管まで動脈硬化が広がったサインであることがあります。

血圧の値をみるときは、上の血圧と下の血圧を見比べる必要があります。上の血圧から下の血圧を引いた数字(脈圧)が60を超えるようであれば、赤信号です。

血圧測定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です