メトホルミンは安心して服用してください

安心

メトホルミンは、糖尿病の治療薬のなかでも最も重要な薬のひとつです。製品名は、メトホルミン塩酸塩、メトグルコ、グリコランなどの名前がついた薬です。このメトホルミンに発がん性物質が検出されたという報道がありました。

厚生労働省から2019年12月9日付けで行われた事務連絡の内容です。

シンガポール保健科学庁(HSA)において、ビグアナイド系血糖降下薬であるメトホルミン塩酸塩(以下「メトホルミン」という)を含有する製剤から発がん性物質である N‐ニトロソジメチルアミン(以下「NDMA」という)が検出されたことに伴い、一部の事業者が当該製剤の自主回収に着手した旨の発表がなされました。
<中略>
メトホルミンは血糖降下薬の中でも重要な薬剤の1つであり、服用の中止により様々な併発症のリスクを生じる可能性があります。 現時点において、日本国内のメトホルミンを含有する製剤からNDMA は検出されておらず、医療機関等に対しては、従前のとおりメトホルミンの処方を行っても問題ないこと、患者から相談を受けた場合には、糖尿病に対する治療の必要性について改めてご説明いただくとともに、服用を中止しないよう回答いただきたいことについて、周知方お願いいたします。

メトホルミン塩酸塩における発がん物質の検出に対する対応について(厚生労働省 事務連絡 令和元年12月9日)

これを受けて、日本糖尿病学会からも通達がありました。

現時点では我が国のメトホルミン製剤からは当該物質(NDMA)は検出されておらず、現在国内各社において調査中の段階です。メトホルミンは血糖コントロールに有効な薬剤であり、本事務連絡でも今のところ従前通りにメトホルミンを服用しても問題なく、患者さんから相談を受けた場合には糖尿病に対する治療の必要性を説明するとともに、同剤の服用を中止しないように回答するよう医療機関等に周知する旨要請しています。

日本糖尿病学会からのお知らせ 2019年12月10日

発がん性物質として検出された、NDMA(N-ニトロソジメチルアミン)は、薬の製造工程で生成され、どこかの工場で検出されたからといって、世界中の薬にすべて混入しているわけではありません。

日本国内のメトホルミンからは、発がん性物質は検出されていません。

メトホルミンは、糖尿病治療にはなくてはならない薬で、この薬が手に入らなくなったり、患者さんが「あぶないから」と自己判断で勝手に止められたら困る薬です。現在、日本国内で流通しているメトホルミンは安全ですから、医師に相談せずに勝手に中断しないようにしてください。

<参考>
日本糖尿病学会からのお知らせ http://www.jds.or.jp/modules/important/index.php?page=article&storyid=135
メトホルミン塩酸塩における発がん物質の検出に対する対応について
厚生労働省医薬・生活衛生局医薬安全対策課 / 厚生労働省医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課 http://www.fa.kyorin.co.jp/jds/uploads/2019-12-09_mhlw_metformin.pdf

安心

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です