元気になる注射を打ってください

そんな注射はありません。もうかなり昔の話ですが、元気になるからとか、風邪が治るからと、ブドウ糖や解熱剤の入った注射をしていた時代もありましたが、今、そんなことをする内科医は、まずいません。せいぜい、じんましん、めまい、肝炎などに注射を使うくらいです。

点滴を打つと元気になると思っている患者さんもいますが、それも間違い。点滴の一番の目的は脱水の治療で、栄養の補給ではありません。一般の点滴は500mlあたり5%のブドウ糖が入っていますが、1本で25g、わずか100kCalにすぎません。普通の方で、だいたい1日に2000kCal、1食で600-700kCalくらいを食べているはずですから、点滴での栄養補給は微々たるものです。

食べられるなら口から食べる、口から飲む。これにまさる栄養補給はありません。それでも、口からの水分補給が難しく、発熱や下痢などで水分不足になった場合、点滴で水分を補う治療が必要になります。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です