元気に死ぬということ

元気な爺さん

外来にやってくる高齢の患者さんの中には、「私は、いつ死んでもいい」と繰り返し話して帰る人がいます。その割には、検査の結果を気にし、だされた薬はきちんと飲んでいるのですが。

「いつ死んでもいい」と言うのは、「まだ死なない」と思っているからでしょう。

90歳の肺気腫の末期の患者さんが、「この歳になっても、やっぱり死にたくない」と呟いていたことを思い出しました。90歳でも、100歳でも、誰でも死にたくはありません。

これもよく言われるのが、「ころっと死にたい」というセリフです。

いつかは死ぬなら、苦しまずに死にたい。私も身内の死を間近にみる歳になり、漠然とそう思うようになりました。病気を抱えて、捨て鉢に「ころっと死にたい」という人もいます。

そんなときは、「ころっと死ぬには、元気に過ごすことが大事ですよ。」と話をします。

体に気をつけて、最後まで元気に過ごした人は、ころりと死ねる人が多い。元気で死ぬためには、元気に生きていかなくてはいけない。

私の経験則です。

元気な爺さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です