右脚(うきゃく)ブロック

心臓は電気の流れによって、心臓の筋肉が収縮して血液を送り出しています。

心臓は規則正しいリズムを作って動いていますが、このリズムを作るのが洞結節です。

洞結節から発電した電気は、心臓の中を右と左に分かれて伝わっていきます。

これが、右脚と左脚です。

右脚ブロックは右脚の電気の流れが悪くなった状態で、程度によって、完全右脚ブロックと不完全右脚ブロックに分類されます。

健康診断で、心電図に右脚ブロックと書かれて心配された人がいると思います。

右脚ブロックで、心臓の機能が落ちることはありませんので、放っておいて問題ない場合がほとんどです。

しかし、左脚ブロックは、心筋梗塞など心臓に病気を持っていることが多く、精密検査が必要になります。

 

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です