鎮痛薬の飲み過ぎで頭痛がひどくなる|薬物乱用頭痛

薬物乱用

薬物乱用頭痛とは、頭痛があるからと連日のように薬を飲み続けて、かえって頭痛が悪化し慢性化した状態です。

頭痛が起きると、早めに鎮痛薬を飲む。すると、脳が頭痛に敏感になり、痛みを感じやすくなるさらに鎮痛薬を飲んで、慢性的な頭痛を繰り返す。市販の頭痛薬を飲んでいたら、頭痛が毎日のように起きるようになり、薬も効かなくなるというケースがあります。鎮痛薬を月に10日以上飲む状態が3ヶ月以上続いている場合は、要注意です。

薬物乱用頭痛の診断基準

  1. 頭痛は1ヶ月に15日以上存在し、2および3をみたす
  2. 下記の薬物を3ヶ月を超えて定期的に乱用している
  3. 乱用薬物の中止後、2ヶ月以内に頭痛消失、または以前のパターンに戻る
    • エルゴタミン乱用頭痛:1ヶ月に10日以上、エルゴタミンを摂取している
    • トリプタン乱用頭痛:1ヶ月に10日以上、トリプタンを摂取している(剤形は問わない)
    • 鎮痛薬乱用頭痛:1ヶ月に15日以上、単一成分の鎮痛薬を服用している
    • 複合薬物乱用頭痛:1ヶ月に10日以上、複合薬物(複数の成分が含まれる頭痛薬で市販薬に多い)を摂取している

薬物乱用頭痛は、まず、鎮痛薬の服用を見直さなくてはなりません。

自己判断で、市販の鎮痛薬を飲み続けるのは危険です。頭痛には、精密検査の必要な悪性の頭痛や、血管の異常による片頭痛がかくれていることがあるので、自己判断で市販薬を飲み続ける前に、医師の診察を受けてください。

<参考> 日本頭痛学会HP(2019/8/30閲覧)

頭痛の診断と治療|緊張型頭痛・片頭痛・群発頭痛

2019.08.30
薬物乱用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です