逆流性食道炎は問診票でチェック

胃もたれ

胃と食道は、表面の粘膜の構造が違うので、胃酸が食道に逆流すると炎症を起こしてしまいます。典型的な症状は「胸やけ」です。(英語ではheartburn)胃酸が食道に逆流すると、胸の奥が熱く感じる、みぞうちから登ってくる、口の中に酸っぱいものが上がってくるなどの症状がでます。

胃酸の逆流によって食道が炎症を起こす病気を、逆流性食道炎といいます。現在は、胃酸逆流によって起きる病気を総称して、GERD(胃食道逆流症:gastroesophageal reflux disease)とよんでいます。

GERDには、内視鏡で逆流性食道炎を認めないのに、胸やけなどの逆流症状があるNERD(非びらん性胃食道逆流症:non-erosive reflux disease)など、半数以上は内視鏡の所見がない場合があります。そこで、症状から胃酸逆流を判定する問診票が、大切なのです。下に、Fスケールという簡単な問診票をのせました。

Fスケール問診票

あなたは以下にあげる症状がありますか?ありましたら、その程度を記入欄の数字(スケール)に○を付けてお答え下さい。

質問ないまれに時々しばしばいつも
Q1胸焼けがしますか?01234
Q2おなかがあることがありますか?01234
Q3食事をした後に胃が重苦しい(もたれる)ことがありますか?01234
Q4思わず手のひらで胸をこすってしまうことがありますか?01234
Q5食べた後、気持ちが悪くなることがありますか?01234
Q6食後に胸焼けがおこりますか?01234
Q7のどの違和感(ヒリヒリなど)がありますか?01234
Q8食事の途中で満腹になってしまいますか?01234
Q9ものを飲み込むと、つかえることがありますか?01234
Q10苦い水(胃酸)が上がってくることがありますか?01234
Q11ゲップがよくでますか?01234
Q12前かがみをすると胸焼けがしますか?01234
M.Kusano et al.:J Gastroenterol.,39,888(2004)

合計点数が8点以上で、GERDが疑われます。

この問診票だけで、確定診断をすることはできませんが、診断や治療効果の判定に有用なツールです。

胃もたれ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です