腎臓が悪いと、貧血になる

腎臓に送られる酸素の濃度が低下すると、腎臓はエリスロポエチンというタンパク質をつくります。

エリスロポエチンは、赤血球を増やす働きがあります。

腎臓は、貧血のセンサーとしての機能があります。

腎臓の働きが低下すると、エリスロポエチンの反応が低下し、貧血がすすみます。

これを、腎性貧血といいます。

腎機能の低下がすすむと、貧血もひどくなります。

腎性貧血の治療には、エリスロポエチンの注射が必要になることがあります。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です