どうなる新型コロナの分類、2類相当から5類へ

鼻腔検査

新型コロナウイルス感染症は、感染症法で「新型インフルエンザ等感染症」に分類されています。いわゆる1-5類感染症という分類からいえば、2類感染症に近いので「2類相当」という表現が使われています。政府は、2023年5月8日から、現在の「2類相当」から季節性インフルエンザと同じ「5類」に引き下げる方針です。

感染症は、感染症法に基づいて、1-5類感染症、指定感染症などに分類されます。1-3類感染症は、感染力や危険性の程度によって分類されます。4類は、おもに動物を介してヒトに感染するものです。5類は、流行状況等の情報提供が必要なものです。

新型コロナウイルス感染症が分類されている「新型インフルエンザ等感染症」は、結核やSARSなどが含まれる、上から2番目に厳しい「2類感染症」に近い措置が適用されていますが、疑似症患者や無症状病原体保有者への措置では1類感染症と同等の部分もあり、「2類以上、1類未満」という位置づけです。これが5類感染症に格下げになると大きく変わる部分を色付けしています。

感染症法に基づく新型コロナの分類

5類感染症に格下げになると大きく変わる部分を色付け

新型コロナウイルス感染症は現在(2023年5月7日まで)

  1. 患者に対する入院措置:医師の判断により隔離措置を取ることができます
  2. 医療費の公費負担
  3. 感染者の就業制限、外出自粛を要請
  4. 保健所は感染者の健康状態を把握し、必要時には入院の調整を行います

新型コロナの医療費負担

  • 「医療費の公費負担」とは、法律や条例に基づき、医療費の全部または一部を国や地方自治体が「公費」で負担する制度で、医療費助成制度のひとつです。
  • 新型コロナウイルス感染症のPCR検査・抗原検査の費用は、自治体が委託契約を締結する医療機関を受診した場合、検査の結果にかかわらず公費負担となります。
    • ただし、初診料・再診料・その他検査料等(CT等)は自己負担額が発生します。
  • 保健所から入院勧告を受けた場合は、入院勧告の期間中の医療費が公費負担となります。
    • ただし、以下の場合には負担金が発生します
      • 陽性判明前(診断日当日を含む)の初診料、再診料、その他の検査料(CTなど)
      • 退院、療養解除後の医療費
      • 保険適用外の医療費
  • 感染症で公費負担となるのは、1類感染症、2類感染症、新型インフルエンザ等感染症です

5類感染症になると、こう変わる(2023年5月8日から)

  1. 患者の同意なしに、隔離のために入院をさせることはできません
  2. 就業制限や外出の自粛をする義務はありません
  3. 医療費の公費負担はなくなり、保険診療となるため、検査や入院費の自己負担が必要です。ワクチン接種の料金も自己負担となります
  4. 保健所による感染者の健康状態の把握はなくなり、入院の調整も行いません

5類感染症への切り替えは段階的に

  • 医療費の公費負担は継続すべきです。経口薬が3割負担で3万円、これは払えません。
    • 経口薬ラゲブリオの薬価が1カプセル2357.8円。800mgを1日2回、5日間投与するため、1日薬価は1万8862.4円、5日間分の薬価は9万円を超えます。
    • 点滴薬ベクルリーの薬価は100mg1瓶当たり6万3342円(近日中に少しだけ安くなります)。投与初日に200mgを、投与2日目以降は100mgを1日1回点滴静注。軽症の方に3日間投与したとして、25万円。
  • ワクチン接種が有料になれば、接種率は大きく下がるでしょう
  • 保健所の入院調整がなくなれば、入院患者の受け入れは大混乱になります
  • 一般病院での入院受け入れは、補助なしでは無理です
    • 新型コロナが院内で発生した場合、隔離のための病室が必要になり、看護師等の人員を増員しなくては対応できません。若年者には軽症でおわる風邪であっても、病気をかかえた入院患者に広がれば致命的になります。

一般的な感染症の分類

感染症の分類と考え方

  実施する措置など 分類の考え方
1類感染症 入院、消毒、交通制限 感染力と重篤性など危険性の程度に応じて最も危険な1類から3類までに分類
2類 入院、消毒
3類 就業制限、消毒
4類 動物を含む消毒など 1-3類感染症以外で主に動物を介してヒトに感染
5類 発生動向調査 国民や医療関係者への情報提供が必要
新型インフルエンザ等感染症 1-3類に準じた対応 1-3類感染症と同様の危険性があるもの

感染症の分類と主な感染症

分類主な感染症
1類感染症エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、ペストなど
2類急性灰白髄炎(ポリオ)、結核、SARSなど
3類コレラ、細菌性赤痢、腸チフスなど
4類E型肝炎、A型肝炎、狂犬病、マラリアなど
5類インフルエンザ、梅毒、麻しん、AIDSなど
新型インフルエンザ等感染症新型コロナウイルス感染症、新型インフルエンザなど
コロナウイルス

新型コロナウイルス感染症 いまわかっていること できること

2020年12月24日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です