認知症の診断は難しい

いつもは、ひとりで外来にやってくる90過ぎの女性が、今日は、娘を二人連れてやってきた。

こういうときは、家で何かおきているときだ。

娘さんの話では、外で道に迷ったり、家の中でもトイレの場所がわからなくなったり、鍋に火をつけたまま忘れたり、孫の名前がわからなくなったり、明らかに認知症の症状がでている。

90過ぎてはいるが、足腰は丈夫、頭もしっかりして、元気な年寄り。というのが、私の印象だった。

年齢なりに、心臓が少し弱っているが、これなら、100まで大丈夫。

しかし、数ヶ月前から、場所や時間の見当がわからなくなってきたらしい。

それでも、診察のときの私との会話は、いつもと変わらなかった。

認知症は、話したことをすぐに聞き返す程度の、短時間の記憶力は残っているが、しばらく前のことは覚えていない。

だから、診察室のなかでの数分間程度の会話だけでは、認知症は判断できない。

認知症に気づくのは、やはり、一緒に生活している家族であることが多い。

診察室についてきた家族に、いろいろな出来事を教えてもらって、やっと、わかる。

家族の方を、振り返り、振り返り、「本当にそんなことがあったのか」と聞き返すとき、その出来事を全部、忘れている認知症患者の姿が明らかになる。

道に迷ったり、火事を出しそうになったことも、全部、忘れているから、診察室で、いつもと変わらない陽気な顔で、私に話しかけてくれていたのだ。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です